NEWS & BLOG

納車式

納車式 NEW R18 ファーストエディション クラシック!

こんにちは(・∀・)/
セールスの澤田です!

 

K1600グランドアメリカでロングツーリングを楽しまれていたA様♪

R18の堂々とした迫力と大排気量ボクサーエンジンの乗り味を気に入っていただき、R18 ファーストエディション クラシックに乗り換えられました!

 

P7170365.JPG

1936年に製造されたR5のオーマージュモデルとしてリリースされたR18。

昨今では「リバイバルバージョン」や「ネオレトロ」と言われるデザインが多数リリースしていますが、このR18のニュアンスは正に「クラシック」そのものです!

 

アメリカンとはまた違ったその存在感は凛としていて上品。
一見リジッドフレームかと思わせるようなフレーム。

 

上質なクロームメッキが施された艶やかなフィッシュテールマフラー。

 

P7170368.JPG

そして、なんと言っても一番目を惹くのは、美しい造形美を誇るBMW Motorrad史上最大排気量の2気筒ボクサーエンジン。

エンジン上部に見えるOHVの証しである内部にプッシュロッドが通るパイプ。
空油冷エンジンであることを物語る無数のフィン。

最高出力67kW(91PS)を発生し、最大158Nmのトルクを3,000rpmで引き出すことができ、さらに2,000rpmの回転域では常に150Nm以上もの溢れるようなトルクを楽しむことができます。

 

エンジンから後軸に伸びる、剝き出しのドライブシャフトには、ヒストリックなイメージを感じられるニカジルメッキが施されています。

 

全体のフォルムバランスが絶妙なティアドロップタンク。
ただ曲線を描いただけではなく、様々な角度から見られることを意識したデザイン。
このデザインはポケットに持っているだけでイグニションONに出来るスマート-キーにも反映されています。
 

単にクラシックに拘って作られたバイクではなく、様々な最新のテクノロジーを標準搭載しています!

 

視認性の高いLEDを使った灯火類。最新のアダプティブヘッドライトはコーナーの先を照らしてくれます。

 

スイッチオフ機能付きトラクションコントロール(ASC)を搭載。

 

エンジンブレーキトルクレギュレーター(MSR)は、急にスロットルを絞ったり、シフトダウンすることで生じるリヤホイールのスリップを電子的に阻止。

 

アンチホッピングクラッチは、機械的に規定されたしきい値を超えるとクラッチを開放し、 シフトダウン時などに生じるリヤホイールのホッピングを防ぎます。

 

ブレーキレバーを操作するとフロントおよびリヤのブレーキが一緒に作動。ブレーキペダルを操作した場合、リヤブレーキのみの作動となります。BMW Motorrad インテグラル ABSは、ブレーキング時のフロントブレーキとリヤブレーキへの制動力配分を、荷重状態に合わせて行います。

坂道発進をイージーなものにしてくれるヒルスタートコントロール。

停車時にブレーキレバーをギュッと握れば四輪で言うサイドブレーキが利いたような形になり、発進時はブレーキレバーを握らずに通常通り走り出すことで失敗を防げます(^▽^)/

 

3種の選べる走行モードで、シチュエーションに合わせた走りが可能。

 

独立したモーターによるリバース機能。

重量級バイクの取り回しは、かなり気を使いますが、リバース機能があることで、ゆっくり歩いているくらいの速度でバックします!

バイクに跨ったままで駐車したい場所に停めることが出来るので安全性が高いのはもちろん、精神的にも楽々です♪

 

P7170369.JPG

ロングツーリングをより快適にしてくれるクルーズコントロール!

そしてウインドスクリーンとLED補助ヘッドライト!

 

P7170371.JPG

さらには容量15.5Lのサドルバッグも!

 

寒い冬を快適に暖めてくれるグリップヒーター。

 

最新式のETC2.0。

 

こうした様々な最新の機能がR18 ファーストエディション クラシックには標準装備されています!

 

R18の詳しくは↓↓↓

https://www.bmw-motorrad.jp/ja/models/heritage/r18-classic.html 

 

クラシックでエモーショナル、そして最新!
カスタムの楽しさも秘めたR18 クラシック!

A様、ありがとうございました。
 

P7170372.JPG

 

 

 

※納車式記事はご了承をいただけたお客様のみ掲載させていただいております。