NEWS & BLOG

納車式

納車式 NEW S1000RR

こんにちは(・∀・)/
セールスの澤田です!
 
2018年式CBR1000RRからNEW S1000RRに乗り換えられたM様に納車させていただきました♪

P4270085.JPG
 
低回転でもしっかりとしたトルクで普段の街中での走行時もストレスフリー!
それでいてサーキットなどでも楽しめるマルチラウンダーとも言える懐の深さを試乗で実感され決められました(^▽^)/
 
可変バルブ機構、シフトカムを備え刷新された新型エンジン!
9,000rpmまではトルクフル、9,000rpm以上になるとリミットまで一瞬にして振り切るほどのパワー(^▽^)
それでいて、カムの切替わり時のショックなど無くシームレス♪

P4270086.JPG
 
アクセルON時のジャイロ効果を打ち消す逆回転クランクシャフト。
そして、クランク重量は-1.6kg削られ、その他の軽量化されたエンジンパーツを合わせると、エンジン単体で4kgも軽量に!
 
さらにフレキシブルになったNEWフレックスフレーム!
低重心化を狙ったデザインで、エンジンを剛性メンバーの一部とし、フレーム単体で1.3kgも軽量化を実現!
 
マルゾッキ製のフロントフォークインナーチューブ径は45㎜!
DDC仕様はダンピングがセミアクティブとなり、走行状況により適切な減衰力を瞬時に自動調整し、路面に吸い付くような追従性を発揮!
 
300km/hを超えるサーキット走行時にも抜群の視認性を誇る6.5インチTFTカラーモニター!
ディスプレイが十分な大きさなのはもちろん、表示される文字などのデザインが良く、視認性抜群!
メーターデザインも4種のバリエーションを簡単に切り替え!
 
ライディングモードはレイン、ロード、ダイナミック、レースのほか、Mパッケージ&レースパッケージは、3つのレースプロモードがセレクト可能!
レースプロモードでは精細なセットアップが可能に!
 
スイングアームは下側にスタビライザーを備える逆トラス構造!
サスペンションのマウント&ジョイントなども可動部分が増え、さらに動きが良く、トラクションを感じやすくなった。Mパッケージとレースパッケージはスイングアームピボットを3段階で調整可能!
 
ホイールはSTDのアルミキャストでマイナス1.7kg軽量化!
Mパッケージのカーボンホイールは、そこからさらに1.7kg軽量となり、バネ下重量の大幅な軽減化により運動性が格段に向上!
 
テールランプ、ブレーキランプ、ウィンカーは一体型され、よりシンプルかつオリジナリティ高いデザイン!
 
ブレーキキャリパーはヘイズ製!
ニッシン製マスターシリンダーとの組み合わせでマシンがバンクしてからのコントロール性がUP!
ABSユニットは1.1キロとコンパクトで軽量化に貢献!
 
クラッチ操作を必要とせず、スムースにUP&DOWNシフトが可能となるシフトアシストプロを装備!
サーキット走行に対応した逆チェンジ方式にも簡単に変更可能なレバーを備える♪
 
今回ご紹介したポイント以外にも新型は多数アップグレードされてます!
 
M様がチョイスされたオプションは

P4270089.JPG

Mアスクルプロテクター

Mローシート

リアセクションカバー

P4270091.JPG

TFTフルカラー液晶保護ガラスフィルム

P4270088.JPG

ハイウインドスクリーン

ラジエータープロテクター

盗難防止アラーム

USBチャージャー
 
BMW Motorrad製品に初めてMの称号を与えられたS1000RR。
レース、モータースポーツそしてニュートラルな走りを意味するMのその走りを満喫してください♪
 
M様、ありがとうございました!

 

P4270092.JPG

 
 
 
 
 
※納車式記事はご了承をいただけたお客様のみ掲載させていただいております。

#BMW #makelifearide #S1000RR #bmwmotorrad #new